vio脱毛で毛の長さは何cm?

VIO脱毛を始めたいけど毛の長さや形ってどうしてるの?と思いますよね。人と比べるのも恥ずかしいですし友達にも直接聞きにくい女性も多いのではないでしょうか。ここではVIO脱毛を体験した人が毛の長さをどうしているのかなど、アンダーヘアに関する悩みを解決して行きましょう。

VIO脱毛サロンランキング

ミュゼプラチナムの特徴

  • ワキやvioなどの部分脱毛が安い
  • S.S.C方式脱毛で痛みなし
  • ミュゼエクスプレスで高速脱毛
  • 料金が安く通いやすい
  • 全国に店舗数が多い
  • 価格 VIO脱毛4回36,000円
    評価 評価5
    備考 ハイジニーナ7VIO脱毛コースがアプリDLで半額

    エピレの特徴

  • ファーストプランが格安
  • 希望に合った脱毛プランが豊富
  • TBCプロデュースのサロン
  • アクセス良好で通いやすい
  • 脱毛料金が分かりやすい
  • 価格 2回6,000円
    評価 評価4.5
    備考 VIO・5脱毛 ファーストプラン79%OFF

    ディオーネの特徴

  • ほぼ無痛のハイパースキン法
  • 冷たいジェルを使わない
  • 最短2週間に1回通える
  • 敏感肌でも脱毛が可能
  • 小さい子どもでも脱毛できる
  • 価格 5,400円
    評価 評価4.5
    備考 体験価格の特別割引 痛みのないハイパースキン法

    vio脱毛について

    デリケートゾーン処理をしないリスク

     

    デリケートゾーンのムダ毛は海外では処理をするのが当たり前ですが、日本ではワキ毛などと比べるとまだ意識が向いていないことも多くあります。ですが、デリケートゾーンのムダ毛を処理しないと、蒸れやすく、雑菌やカビが繁殖しやすくなります。

     

    そして、排出物や経血、おりものといった汚れが毛についてしまい、不衛生で匂いやかゆみなどが気になることもあります。このような状態を続けていると、病気になることまであるので注意が必要です。

     

    また、下着や水着から毛がはみ出て恥ずかしい思いをすることもあります。男性もボサボサよりも手入れの行き届いているほうが好きな人が多くいます。そして、性行為による感染症も予防できます。このように、デリケートゾーンのムダ毛は処理をしなければ、おしゃれなど見た目の問題だけではなく、不衛生でトラブルが起きやすくなります。

    自己処理よりサロンやクリニックがおすすめ

     

    VIOラインのムダ毛の処理は、自己処理で行うよりもサロンやクリニックでプロにお願いするほうがおすすめです。デリケートゾーンと呼ばれるように、肌が敏感な部分なので肌トラブルが起きやすくなります。

     

    また、IOラインはワキや肌と違って複雑な部分であり、目や手が届かない部分なため、自己処理が特に難しいからです。Vラインは自分で整えるぐらいする人は多いかもしれませんが、自己処理には様々なデメリットがあるため注意が必要です。

     

    カミソリは低価格で広い範囲を処理しやすいため気軽に使いやすいですが、繰り返しの処理により肌が黒ずんだり、埋没毛ができるおそれがあります。電気シェーバーは手軽で肌への負担はカミソリよりも少なめですが、チクチクしてかゆくなったり、下着から毛が突き出てしまうこともあります。

     

    除毛クリームは、最近では敏感肌にも使えるようなものがたくさん出てきていますし、ニオイもそんなに気にならないものが増えています。なので、比較的使いやすいアイテムですが、VIOラインはデリケートな部分なため、薬品にまけてしまうことがあるかもしれません。

     

    毛抜きでの処理はデリケートゾーンはやめましょう。毛根から処理できるため、伸びるのに時間がかるため良いと思っている人もいるかもしれませんが、肌を痛め、埋没毛になったり、菌が入って炎症を起こすことがあります。家庭用脱毛器は、VIOラインは非推奨のものがあります。目や手が届きにくいことや、デリケートな部分なため、痛みや肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

     

    Vラインの形を整えるぐらいなら使う人も多くいるかもしれませんが、IOラインや陰部に近い部分の使用は用法をしっかりと守りましょう。ワックスでの処理は毛根から抜くため短時間できれいにでき、つるつるの仕上がりになりますが、痛みが強く埋没毛ができることがあるため自己処理では難しいです。専用のサロンで行いましょう。

     

    ワックスでの処理は毛根から抜くため短時間できれいにでき、つるつるの仕上がりになりますが、痛みが強く埋没毛ができることがあるため自己処理では難しいです。専用のサロンで行いましょう。自己処理で一番おすすめなのは、ヒートカッターですが、長さを整えることしかできないため、毛を完全になくしたい部分には向いていません。

     

    このように、自己処理には手間や時間がかかるだけでなく、肌を痛めてしまったり、チクチクとかゆみがでたりなどのリスクがあるため、脱毛サロンや医療クリニックで光脱毛やレーザー脱毛を行うことがおすすめです。

    Vラインの理想的な長さとは?

     

    Vラインの理想的な長さは2cm〜3cmと言われています。これぐらいの長さだと正面から見た時に割れ目が見える心配がなく、蒸れを軽減できます。伸ばしっぱなしにしておくと、7cm〜10cmぐらいまで伸びてしまうため、定期的な処理が必要です。

     

    ヒートカッターですと2cmぐらいまで処理してもチクチクする心配がありませんが、はさみなどでカットする場合には短くしすぎるとチクチクしたり、下着から突き出てしまうため、注意が必要です。毛の量が多い人はデリケートゾーン専用のすきカッターが売っていますので、それを利用すると毛の量を簡単に調整できます。

     

    形は逆三角形が一番人気です。また、自然な形としてたまご型も人気です。その他には、下着のデザインなどに困らないI型やつるつるにするハイジニーナや少しだけ残すセミハイジニーナなどもあります。デザイン製のある、ハートやひし形などにする人もいます。

     

    型紙を使い、その部分に当ててはみ出たところを処理すればきれいな形に仕上げることができます。型紙は自分で作ることもできますが、市販の型紙が売っているため、そちらを利用すると手間が省けきれいに仕上がります。

    I・Oラインのムダ毛は処理してる?

     

    I・Oラインのムダ毛の処理は、見えない部分なためやらない人も多くいると思いますが、衛生面を考えると処理するのがおすすめです。排泄物や生理の時に毛に汚れがついてしまうのを防げるため、ニオイやかゆみに悩まされることが軽減します。

     

    ニオイやかゆみが気になる人はI・Oラインの処理を行うだけで、症状が改善できたと言う人がたくさんいます。また、歳を取って介護が必要になったときにも、処理してあると衛生面でとても役に立ちます。寝たきりでトイレに行けなくなった時の排泄物の処理がとても楽にできるようになります。

     

    ですが、I・Oラインを自己処理で剃ることは、黒ずみやチクチクする原因にもなりますし、自分では処理しにくい部分ですので、脱毛サロンや医療クリニックでプロにおまかせするのが一番です。

    ヒートカッターって何?

     

    自己処理で一番おすすめのヒートカッターですが、熱線で毛先を丸くカットできます。なので、毛先がチクチクしたり、下着から毛が突き出る心配がなくなります。量販店でも売っていて、金額がお手頃なので1つ持っていると便利です。

     

    また、サロンやクリニックで脱毛をする場合、事前に処理をお願いされる時があります。そのときにもヒートカッターが役に立ちます。カミソリで処理を行うとカミソリまけを起こしたり、肌にトラブルが起こる可能性があります。

     

    そうなると、脱毛処理ができません。なので、ヒートカッターや電気シェーバーを用いて処理をするのがおすすめです。事前処理をお願いされる場合でも、自分で処理しにくいI・Oラインは行ってくれるサロンが多くあります。ですが、対象外の剃り残しがあれば、追加料金がかかる場合もあります。

     

    事前処理を行う自信がない人や手間を省きたい人は、事前処理も含まれているプランを選ぶことをおすすめします。追加で料金を取られる心配や自己処理で肌を痛める心配なく脱毛できます。

    まとめ

    VIO脱毛を受ける場合は担当のエステティシャンに他の人の傾向を聞いてみましょう。Iラインはデリケートゾーンの際まで可能か?Oラインって恥ずかしくない?などです。Vラインに関しては角度が自由に決められるので人気の逆三角形小さめあたりがおすすめですよ。

    体験者の口コミ

    アンダーヘア脱毛って初めての時は不安でいっぱいでした。友達に見せてもらう訳にもいきませんし、サロンで受ける事は想像するだけで恥ずかしいと思っていました。スタッフさんに聞いてみると人それぞれ理想の長さは違うようですよ。

    あまりVラインのアンダーヘアが短いのもおかしいかな?と思うので自分にとって自然だと思える長さに整えています。人に合わせ過ぎても仕方が無いので満足できる長さや形に合わせるのが一番かと思いますよ。ツルツルにしている友達もいますしね。

    自己処理をしている時に肌を傷つけてしまいました。カミソリによって肌が負けてしまい赤くブツブツになり痒みもあります。自己処理の限界を感じてVIO脱毛をサロンで受けていますが、多過ぎず少な過ぎずの良いバランスで整えてもらっています。

     

    >>VIO脱毛サロン人気ランキングを見る